ギア(器材)

SAWYER MINI(ソーヤーミニ)浄水器は連泊登山では必需品!

管理人ユウ
管理人ユウ
自然大好き!
トコトコ研究所管理人のユウ(‎@toko2lab)です!

屋久島2泊3日縦走で様々なギアを買い足したのですが、その中でも異彩を放っていた商品が、SAWYER MINI(ソーヤーミニ)浄水器です。

このページでは、SAWYER MINI(ソーヤーミニ)浄水器の実力や、僕が実際に使ってみた感想などをまとめますので、購入前の参考になれば幸いです。

SAWYER MINI(ソーヤーミニ)とは

まずは、SAWYER MINI(ソーヤーミニ)の概要をまとめます。

水生微生物・病原体 米国環境保護局の基準値 ソーヤーフィルターの除去率 基準を上回るかどうか
バクテリア
(コレラ菌、ポツリヌス菌、チフス菌、アメーバ赤痢菌、大腸菌、大腸菌群、レンサ球菌、サルモネラ菌)
99.9999%(6 log) 99.9999%(7 log) YES
微生物
(ジアルジア、クリプトス、ポリジウム、サイクロスポラ)
99.9%(3 log) 99.9999%(6 log) YES
※ソーヤーミニ正規代理店公式ページより

※水にとけているカルシウム、マグネシウム、重金属等を含む溶解固形分、放射性物質、細菌より細かい微細なウィルスは除去できません。

■内容・付属品
PointONEミニフィルター×1
0.5LパウチX1
ストロー×1
洗浄用注射器(針なし)、日本語説明書兼保証書

■サイズ・重量
PointONEミニフィルター:約55g、全長13.5cm
最大部分の直径約3.5cm

0.5Lパウチ:約19g、約22.5×12.5cm(キャップ部分を除く)

■フィルター素材:Hollow Fiber
■フィルター孔サイズ:0.1ミクロン
■ろ過能力:38万リットル
【原産国】アメリカ

管理人ユウ
管理人ユウ
数値に関しては、僕も詳しくはわからないのですが、販売店スタッフのお話によれば、世の中にある携帯浄水器の中でもトップレベルの浄水力なのだそうです!

まず、特筆すべきは、そのソーヤーミニ本体のコンパクトさでしょう!

手の平サイズで、重量もわずか約55gしかないのに、世界トップクラスの浄水力があるんですから驚きです!

SAWYER MINI(ソーヤーミニ)の使い方

SAWYER MINI(ソーヤーミニ)には、大きく5つの使い方があります。
どれも付属品を使うことで場面によって、使い分けができるので便利!

1. 容器などの水をストローで直接飲む

付属のストローとソーヤーミニを連結させて、あとは、容器に入れた水を直接飲めます。

泥水も綺麗に浄水してくれるので、どこの水でも飲めちゃう!

なかなか綺麗な水の確保が難しい登山中や、災害時には大活躍してくれます!

2. 付属のパウチに接続して飲む!

付属のパウチにセットしておけば、いつでも携帯して綺麗な水を飲むことができます!

3. ペットボトルにセットして飲む!

もちろん、市販のペットボトルの口のサイズにもバッチリ合うので、ペットボトルを水筒代わりにして使うこともできます!

僕はインドやタイなどの東南アジアに行くことも多いのですが、市販の水が身体に合わない地域もあるので、そういったケースでもソーヤーミニは活躍してくれます!

4. ハイドレーションにセットして使う

ソーヤーミニは、市販のハイドレーションにも合うように設計されています。

付属のストローとハイドレーションを接続し、飲み口側も簡単セットできるので、浄水する時間がない場面でも、サクッとハイドレーションに水を補給して先に進むことができます。

ハイドレーションとソーヤーミニ付属のストロー接続部分

 

付属ストローとソーヤーミニの接続部分

 

ソーヤーミニ(飲み口側)とハイドレーションの接続部分

 

5. ソーヤーミニで浄水して容器に詰める

もちろん、ソーヤーミニで浄水した水を、自前の水筒などに詰めて持ち歩くこともできます。

この場合は、浄水時間も多少はかかるので、長い休憩中などを見計らって浄水を作っておくと良いでしょうね!

SAWYER MINI(ソーヤーミニ)のメンテナンス方法

使った後のメンテナンスも簡単で、フィルター交換も不要です!

↑付属の注射器に水を入れて、ソーヤーミニに注射するだけ!
ソーヤーの中に残った水も、注射器から空気だけを送り込めばしっかりと抜けてくれます。

※正規代理店では、注射器に入れる洗浄用の水もソーヤーミニで浄水した水を推奨しています。が、僕は家の水道水だったらそのままやっちゃいますが^^;

フィルターの清掃の際はできるだけソーヤーでつくった浄水を入れるようにして下さい(水道水は薬品等でフィルターに悪影響を及ぼす可能性があります)

参考:ソーヤーミニ正規代理店ページより

SAWYER MINI(ソーヤーミニ)を使ってみた感想

SAWYER MINI(ソーヤーミニ)は、とにかく軽くて持ち運び便利!
重さも55gしかないので、ザックの中に入れてて全く気になりません。

山水は、動物たちの糞尿を介して来ますから、バクテリアなどの微生物や病原菌はどうしても心配になります。

調理で沸騰させるならまだしも、飲み水として生水を直接摂取する場合には、特に気をつけなければなりませんから、僕は常にソーヤーミニを入れています。

実際に使ってみて、ちょっと気になった点としては、とにかく付け替えが面倒。

一度、トレッキングを開始した後に、ハイドレーションから取り外して→ペットボトルに。とか、パウチで調理用浄水を作るなどの作業がなかなか面倒です。

ハイドレーションに接続してスタートしたら、まとまった食事休憩まではそのままセットしっぱなし。というのが現実的でしょう。

様々な使い方ができるのが特徴でもあるソーヤーミニですが、自分に合った使い方を見つけたら、それが定着するでしょう。

僕はハイドレーション直付けがイチ押しです!
が、ちょっと水の出が悪くはなるので、そこは慣れが必要かと。

SAWYER MINI(ソーヤーミニ)は買いか?

結局、SAWYER MINI(ソーヤーミニ)は買った方がいいの?というと、一度持つと「必需品」レベルです!

1日登山であれば、夏場でも3Lハイドレーションに満タン入れて行けば持ちますが、連泊登山では必須と言えます。

水分補給は何よりも大切ですから、安心して水を口にできることは大きいですし、何より、体調を崩してからでは遅いので、保険として持っておくと重宝しますよ!

しかも、ソーヤーミニのろ過能力は「38万リットル」持続しますから、一生モノです(笑)早く買っておけば、その分コスパもよくなりますよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です