旅行(Travel)

法華院温泉山荘に宿泊!朝一出発のトレッキングが気持ちいい!

法華院温泉山荘を利用してきましたので、その使い勝手や料金体系などをレビューします。

法華院温泉山荘の料金や歴史

坊がつるの北西稜に位置する山荘は、鎌倉時代を開基とする九重山法華院白水寺として栄え、天台宗の一大霊場でした。
明治の世になり信仰の山から登山の山へと変化する中、山宿を始めたのが、1882年です。
坊がつる讃歌やミヤマキリシマで多くの登山者に親しまれ、また九重連山の中心としても四季を通じて賑わいをみせています。
九州最高所の温泉に浸り、星を眺め、五感をリフレッシュさせて鋭気を養うパワースポットとしてご利用下さい。

ー 法華院温泉山荘公式より

法華院温泉山荘の利用料金

法華院温泉山荘では、宿泊プランが数種類あり、そこに食事を付けるかどうかでまた料金が変化します。

法華院温泉山荘の利用料金
1泊2食付 (寝具付) 特別室 (4部屋) 一般
小学生以下
10,000円
7,500円
個 室 (22部屋) 一般
小学生以下
9,500円
7,000円
大部屋 (120畳敷) 一般
小学生以下
9,000円
6,500円
素 泊 (寝具付) 一般
小学生以下
6,000円
4,500円
ログハウス (毛布・マット付)) 丸太小屋 (4棟) 6~8人用
20,000円
バンガローA型 (マット付) (2棟) 6~8人用
15,000円
バンガローB型 (マット付) (4棟) 6~8人用
11,000円
バンガローC型 (マット付) (4棟) 3~4人用
10,000円
登山弁当 (当日予約) 1個
700円
入浴料 1人1回
500円
マ キ 1束
500円
毛 布 1枚
300円
入村料 (テント持参者のみ) 1人1日
300円
ログハウス暖房料 1日
2,000円

※テントを持参していれば、入村料300円で水道などは利用できるようです。入村料300円+入浴料500円の合計800円を支払って、ゆっくり…なんてのも良さそう。

通常の一泊2食付きプランが、個室/一般で9,500円(1名)なのに対して、バンガロー一棟貸しの場合は、一棟(バンガローB型)11,000円だったので、3名だとこちらの方が安上がり!

食事や入浴料は含まれていないので、食事を付ける場合は2食1名3,000円入浴料は一人につき500円かかりますので、バランスを見ながらプランを考えていくといいです。

料金について、高い安いは各個人の考え方があると思いますが、この山間地で水が使えたり、温かい食事を用意してくれたりということを考えると、まぁ妥当かなと感じました。

ちなみにバンガローB型にしたのは、電話で問い合わせたところ、『C型はかなり古くて山荘から離れていますが大丈夫ですか!!?』と、念押しされたので、1,000円くらいなら…とランクアップした感じです。※C型はコンセントもないらしい

法華院温泉山荘の施設

施設内はどこもお客さんがいらっしゃいましたから、あまりバシバシ写真を撮るのもマナー違反だな…と思いまして、ほぼ写真撮ってません。

法華院のご飯を食べる人は、大広間のような食堂があり、その中でみんなワイワイ食事していました。(ちょっと羨ましかったw)

僕らはこの日は屋久島の予行練習ということで、ドライフードで乗り切るプランでしたから、法華院の食事は頼まず、フリースペースのテーブルと椅子が自由に使える場所で食事をとりました。

個室大部屋バンガローA・B・Cテント場の4種類の宿泊方法がありますが、なんかどれも良さそうな感じでした。

僕らが泊まったのはバンガローB棟だったのですが、問題点といえば4月末にも関わらず、めちゃくちゃ寒かったこと!深夜〜朝方は0度近くまで下がっていましたが、灯油がちょびっとしか入っていませんで、耐え凌ぐ夜でした。

灯油の量もおそらくセーブされているのだろうと予想します。

 

法華院温泉山荘に宿泊してみた感想

今回、宿泊してみて感じたことは、泊まる前に思っていたイメージよりも断然いい!ということでした。

確かに、大した設備もない素の山小屋のような施設で、5千円〜1万円という金額は高く感じますが、法華院温泉山荘は歴史のある施設ですし、極地で運営されている施設ですから、それだけ人の手がかかっていると考えていいでしょう。

サービスに対して支払うお金と、それとは全く無関係の「お気持ち」というお布施のような感覚も近いかもしれません。

施設内はとても清潔に保たれていますし、缶ビールも500mlで400円なら、まぁ納得!な金額ではないでしょうか。

そのあたりの相場から考えると、バンガロー1棟貸しで11,000円も妥当なのでしょうね。

バンガローB棟+温泉利用料500円×3名分で、合計12,500円でした。

編集後記:428日 法華院温泉山荘

今回は初めての一泊で、法華院温泉山荘を利用させて頂きました。

B棟バンガロー貸切で、111,000円。

川の字で4人程が横になれる程度の広さがあり、ストーブ・布団が付いていました。

今回は屋久島の予行練習で行ったので、サーマレストとシュラフで寝ましたが、布団を使う前提であれば荷物も減らせて良いでしょう。

料金に関しては、1棟借りで11,000円なので、3名で一人あたり3,600円程度。プラス温泉利用料が500円。

夕食と朝食を付けるのならプラス3,000円だそうです(今回は全ドライフードでした)

少し高い気もしますが、山中という環境で管理されていることを考えると妥当かも。

トイレなども綺麗に管理してありますから、女性でも安心して利用できます。

到着後は、お酒の自販機を見つけたので、さっそく乾杯!酎ハイが300円(500ml)ビールが400円(500ml

利用者が持ち込みのフードでも利用できるように大きなテーブルが数台置いてあるスペースもあります。

山荘からのご飯をいただく場合は、食堂を利用するようです。

期待した夜空の星は、ほぼ満月だったため見えませんでした(笑)

新月の日を狙っていくと良いかもしれませんね!

敷地内にはテン場とバンガロー(A,B,C棟)、山荘本館(特別室/個室/大部屋)があります。テン場の料金はどうなってるんだろ?無料かな?

少し離れたところに大きな発電機があったので、敷地内の電力は全てコレでまかなっているようです。

それから、ブーツ洗い場があったり、敷地内の蛇口から出る水は全て飲み水として利用できたり、さすがありがたい仕様です。※水も問題なく美味しかったです

夜は街灯もなく真っ暗になりますから、移動はヘッドライトを使って、晩御飯を食べたら早々に眠くなります。

さっさと温泉(利用は21:30まで/21時以降は追加料金300円かかるため早めが吉)に浸かって、温もった身体のままシュラフにインしました。

が、早朝3時くらいになると、めちゃくちゃ寒かった!!底冷えするんです。

メンバー3名の装備

  • モンベルのエアマット+モンベルのシュラフ(リミット-2度)

  • モンベルのサーマレスト+ナンガのシュラフ(リミット-1度)

  • キャプテンスタッグの安物マット+ナンガのシュラフ(リミット-3度)

この3名でしたが、全員がガクブル!

特に、女性は「寒くてねれなかった!」と言ってました。ちなみに朝5時の小屋内の気温は3度だったのですが

屋久島での対策を考えなくては。※オススメの対策法あったら教えてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です