ブランド

Patagoniaのダイアモンド・キルト・ボマー・フーディはちょい出に最適!

管理人ユウ
管理人ユウ
パタゴニアのボマージャケット「ダイアモンド・キルト・ボマー・フーディ」が最高すぎる!

昨年はフードなしだったように記憶しているのですが、今年のものはカラーもディテールも綺麗で気に入って購入しました。

カラーは3色展開のようですが、Patagonia公式サイトで販売されているのは「Black」と「Sediment」の2色のみ。

Patagonia ダイアモンド・キルト・ボマー・フーディ

Black
Sediment

防風性と耐水性を備え、濡れても保温性を維持する温かく軽量な80グラム・サーモグリーン・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル90%)のインサレーション入りのフルジップ・フーディ

特長
  • 防風性と耐水性プロテクションを提供する、軽量なリップストップ・リサイクル・ポリエステル製シェル。DWR(耐久性撥水)加工済み
  • 濡れても非常に効率よく熱を閉じ込める軽量な80グラム・サーモグリーン・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル90%)のインサレーション入り
  • 表面のダイアモンド型キルトパターンは効率よく熱を閉じ込め、かさばりを抑えコンパクトに収納可能。耐摩耗性を強化する丈夫な糸を使用
  • フルレングスのフロントジッパーはクライミングロープ風のプルタブ付き。インサレーション入りフードはクライミングロープ風ドローコードで調節可能
  • 大型のハンドウォーマーポケットはインサレーション入り。左胸にジッパー式ポケット付き
  • 伸縮性の縁取りにより風の浸入を防ぎ温かさを閉じ込める袖口と裾
  • ヒップまでの丈
  • 493 g (17.4 oz)
素材

本体と裏地:2.2オンス・50デニール・リサイクル・ポリエステル・タフタ100%。DWR(耐久性撥水)加工済み。インサレーション:80グラム・サーモグリーン・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル90%)。ブルーサインの認証済み

ブルーサイン認証済み素材

パタゴニアは2000年よりブルーサインと協力して資源消費を審査/削減し、パタゴニアのサプライチェーンで使用される染色および仕上げ加工用の原料を審査してきました。スイスに本拠を置くブルーサイン・テクノロジーズはテキスタイル産業のサプライチェーン各段階において環境、労働者、消費者にとって安全な化学物質、加工工程および製品を認証します。

2007年、パタゴニアはブルーサイン・システム・パートナーのネットワークに正式に加盟した最初のブランドとなりました。

ブルーサイン認証済み素材はどれも製造過程において資源を保全し、人々と環境への悪影響を最小限に抑制する方法と原材料を採用することで最高レベルの消費者の安全性を提供しています。

耐水性

DWR(耐久性撥水)加工は小雨や雪を弾き、乾燥時間を短縮します。防水性/透湿性バリヤーと併用することで、シェルの表面からの水分の浸透を防ぎ、透湿性バリヤーは内側の蒸気を外へ発散します。

筆者購入レビュー

筆者が購入した「Sediment」カラーは、表地と裏地の2色切り返しになっていて、その配色も秀逸!購入したのは10月上旬でしたが、11月でも在庫が残っているところを見るとあんまり売れてない?笑

着てみてわかる!その最高さ!

筆者が思うダイアモンド・キルト・ボマー・フーディの最高ポイント!

  1. 中綿で薄手の作りながら防風性のおかげで予想以上の暖かさ!
  2. 全体に撥水加工がしてあり、小雨程度なら全く問題なし!
  3. カラー配色が最高にクール!
  4. 程よくレトロであり、新しくもあるディテール!
  5. Patagoniaフリースによくある胸ポケットがカッコいい!
管理人ユウ
管理人ユウ
初めての実写レビューをしてみます…が、素人なので細かい点はご勘弁を…(眩しくて変な顔してるとことかw)

身長180cm/72kgでMサイズ着用

光沢感のある生地と、すこーしゆとりのあるくらいのサイズ感でこなれ感がある風情に。サイズ感に関しては試着段階でSサイズと悩んだのですが、肩に合わせた方が無難でした。

秋時期ならTシャツにこれ一枚で十分。真冬は未だ経験していないのでわかりませんが、写真のようにミドルレイヤー(中間着)にフリースなんかを挟めば外気がシャットアウトされてかなりあったかい(むしろ暑いくらい)です。

 

※細かいディテールの写真レビューなどは需要があれば追加したいと思っています

 

サラッと羽織れる一枚。

(パタゴニア) Patagonia メンズ アウター ブルゾン Patagonia Diamond Quilted Bomber Hoodie [並行輸入品]
patagonia(パタゴニア)

【2018.11.12時点】
上記リンクは各種ECへのリンクですが、既に転売が始まってしまっているようです…。
現時点では公式サイトに在庫がありますので、定価で購入できます。
>> Patagoniaジャパン公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です